おいでやす長岡中央商店街

コンテンツ
長岡中央商店街
長岡中央商店街お店一覧
長岡中央商店街特集ページ
長岡中央商店街振興組合概要
長岡中央商店街活動報告
長岡中央商店街リンク集
長岡中央商店街お問い合せ
ECO-1グランプリ
>>プライバシーポリシー


■活動拠点作り(アゼリアカフェ)

商店街の役割が大きく変化してきました。身近な買い物の場から地域コミュニティの核として人々が集まる交流拠点として重視されています。
 本年度、地域の学生さんを中心に「チームアゼリア」を組織して地域の力で商店街を盛り上げる活動をしました。

@空き店舗を活動拠点に整備、
A商店街各店の魅力を再発見、
B地域にぎわい交流事業、
CSNSで情報発信、
D地域の繋がり拡大・持続化事業を行いました。

特に旧開田保育所跡地での「まちかど絵画・写真展」は、小学生の絵画作品やチームアゼリアによる魅力発信パネルを作成し、地域の方々から称賛を受けました。また、SNSでの情報発信をすることで、人と人が繋がり、新たにメンバーや協力者が増えるなど活動がさらに広がりました。
 参加された地域の方々、京都府や長岡京市の各担当者に感謝申し上げます。ここに事業の概要やチームアゼリアの活動をご報告いたします。
 今後も商店街では、地域力を集結して商店街の魅力を発信し、地域コミュニティの担い手として街の活力をさらに増進できるよう活動を継続して行きたいと考えます。皆様のご協力をお願い申し上げます。

                              長岡中央商店街振興組合 理事長 中小路貴司

 

■活動拠点作り(アゼリアカフェ)

チームアゼリア」は、地域の大学生を中心としたメンバーで構成されており、長岡中央商店街を盛り上げる活動をしています。
 今年度は「地域イノベーション」をテーマに仲間が集いました。
皆が気軽に集える場所があればと思い、ロングヒル二階の空き店舗をお借りして、「アゼリアカフェ(活動拠点)」をオープンすることからはじまりました。  集う人同士の距離が縮まる・小さいお子さんも安心、という理由から、椅子とテーブルではなく、昔ながらのちゃぶ台をイメージして座卓テーブルを自作することに決定しました。

自分たちで設計し、材料の買い出しからヤスリがけ、仕上げのニス塗りまで。力を合わせてテーブルを作りました。 完成したカフェで、企画会議や打ち合わせ・研修会を行いました。
ソーシャルメディア戦略やイノベーションの具体例について(株)メジャースの経営企画本部長の井上尚紀さんに指導いただき、世界の最先端技術やこれからのグローバルスタンダードそしてクリエイティブコミュニティについて学びました。ソーシャルネットワークでのマーケティングや情報発信でのポイント、チームアセリアでの将来到達目標などを決めることができました。

また、地域に根ざしたイベントを実施することの意義についてもみんなで積極的に討論できたと思います。このアゼリアカフェを通じて、商店街の店主さんや地域の方との交流が出来き、そして多くの人が集うことで、色々なアイデアが生まれ、さらに新たな活動拠点へと発展しました。

↑トップへ戻る

■SNSで情報発信

お店の魅力を再発見し、それを伝えることで新たな街の賑わいを作ること。
今年の最重要目標。初めての試みのSNS情報発信。ツイッター・フェイスブック・インスタグラムのそれぞれで、チームアゼリアのアカウントを作成し、イベント情報や取材したお店の紹介を発信しました。
チームアゼリアメンバーからその友人・知人や地域の方を通して情報が広がり、普段あまり商店街を利用しない若い層に向けて、商店街の魅力を発信することが出来ました。
今後も引き続き、スマートフォンやタブレットを利用した情報発信や広報活動で仲間を広げていきたいと思います。

 

 
↑トップへ戻る

■商店街の魅力を再発見

「お店があるのは知っているけど、入ったことがない」「ここはどんなお店なんだろう?」・・・そんな商店街の気になるお店に、チームアゼリアのメンバーが取材に伺いました。

 商店街の良さはお客様とお店の方との距離が近いこと。お店の方と会話しながら、買い物やサービスを受けることが出来る楽しさがあります。取材を通して、それぞれのお店に個性があり、店主さんのお店作りや扱う商品への深いこだわりを知りました。

長岡中央商店街振興組合の加盟店約六十五店舗の全ての取材は十分に出来なかったけれど、地域内で今まで知らなかったお店の魅力を改めて発見することが出来ました。

■あえて、アナログ紹介パネル事業「まちかど絵画写真展」など

現在空き地となっている市役所前の旧開田保育所跡地。
かつて子ども達の声で賑やかだったこの場所は今、閑散として寂しい雰囲気がぬぐえません。

そこで、少しでも賑わいをと地域の小学生が描いてくれた作品をパネルにしたり「商店街の気になるお店」紹介パネルを作ったりして、道路に面した壁面に設置。道行く人に見てもらえるよう、デザインなども試行錯誤して作成しました。 また、10月29日には、百円商店街と並行して、長岡京商店街まつりを同保育所跡地にて開催。チームアゼリアは「ハロウィン飴ちゃんつかみ取り」を行うなど、ハロウィンコスプレも子ども達に大人気でした。

 
↑トップへ戻る

■2016年11月26日 市民生活に溶け込む場の提供 「地域多世代交流空間事業」

11月26日に行われた長岡京ヴァリエッタで、チームアゼリアのメンバーだけではく、地域の方にも気軽に集ってもらえたらと、「アゼリアカフェ」を出店しました。バルメニューは、出来たてのキャラメルポップコーンと一杯ずつハンドドリップしたコーヒー(または紅茶)です。

 ロングヒルの2階の特設空間で予想していたよりも多くの方にご来店頂き、ご家族連れからご年配の方まで幅広い年代の方がゆっくりくつろいでいかれました。

お客様に楽しんで頂くために、プロジェクターで映像を流したり、お子さんには飴のつかみ取りをしてもらうなどの工夫も。
お客様からは「こうしたイベントを楽しみにしています」という声をいただき、皆が集える場所作りの必要性を再確認しました。

 
↑トップへ戻る

■2016年12月3日 ペーパークラフト教室大成功!人々の交流の場所

12月3日の歳末謝恩まつりでは、ガラガラ抽選会と同時にペーパークラフト教室を開催しました。
朝から豚汁と炊き込みご飯を手作りし、抽選会が始まる前に、お手伝いに来られた商店街の皆さんとチームアゼリアメンバーが一緒にお昼ご飯を頂きました。

午後からのペーパークラフト教室は、サンタさんへのお手紙作りです。参加したお子さんやお母さん達も、「何をお願いしようかなぁ」と皆真剣に取り組んでいました。
アゼリアカフェの入り口付近の廊下では、「まちかど写真展」開催。たくさんの笑顔の写真が並びました。

商店街は単にショッピングモールとしての機能だけではなく、人々が交流する場所でもあります。地域コミュニティの担い手として何が出来るのか、これからも考えていきたいと思います。

クラフト
↑トップへ戻る

●かみしばい『まほうのあかり』完成まで↓

↑トップへ戻る

●長岡中央商店街は様々な活動をしております。
アゼリアエコチャレンジプロジェクト
↑トップへ戻る

●長岡中央商店街は様々な活動をしております。
2014年4月12日(土)『長岡京100円商店街』開催!
 
↑トップへ戻る

●長岡中央商店街は様々な活動をしております。
2013年『商店街リーフレット完成発表』『中央商店街貸し傘事業』『中学生のチャレンジショップ』
2013年11月10日(日) 『大学生による絵馬と御輿』
 
 
●2013年11月10日(日) 『大学生による絵馬と御輿』

 

 
↑トップへ戻る


●長岡中央商店街は様々な活動をしております。
2013年9月21・22日(土・日)『児童絵画作品(優秀4作品)審査・発表』『長岡京ミュージック商店街』
●↑児童絵画作品審査の様子。どれも力作です。

 
●長岡京ミュージック商店街Vol.3に参加!
●おいでやす広場特設ステージ


道行く皆さんよっといで〜

 
↑トップへ戻る


●長岡中央商店街は様々な活動をしております。
2013年6月29日(土)『夏のおいでやす祭』『七夕祭り』
●←長蛇の列です!→

●←スーパーボールは大人気

●笹飾りの準備に大忙しです→

●↓七夕祭り

●おいでやす広場↑

 

●願い事は何かな〜?→

 
↑トップへ戻る



長岡中央商店街は様々な活動をしております。
●←歳末謝恩会→

●←打ち水作戦

●「長岡京ミュージック商店街」
  参加→

●↓七夕祭り

●「おいでやす広場」→

↑トップへ戻る

長岡京市商店街エコチャレンジプロジェクト・パート3
「天ぷら油でゴミ収集車を走らせよう」
2010年12月4日(土)
ゴミ収集車に注目!「使用済み天ぷら油で走行中」

 以前から長岡京市では、環境団体などが中心となり家庭から排出される廃食用油の回収活動が行われていました。
 当商店街でも2009年より潟ーズさんから廃食用油の回収ノウハウを学び、その経験を活かして商店街ならではの方法で、地域が一体となって廃油回収の取組みをしてきました。

エコチャレンジ ●2010年12月4日は当商店街の「歳末謝恩まつり」と同時開催で回収のイベントを行いました。当日は子ども達にも喜んでもらえるよう、「廃油で造るカラーキャンドルづくり」を体験してもらいました。 エコチャレンジ

エコチャレンジ ●大人には商店街の商品券が当たる抽選券を配布して大いに活用して頂きました。
エコチャレンジ ●廃油でゴミ収集車が動き、廃油でカラーキャンドルが出来る!
子ども達は楽しみながらエコの大事さを感じたのではないでしょうか?
●中央商店街は、これからもこのような取り組みを通じ、地域、ひいては地球を思う心を大事にしてゆきたいと思います。
↑トップへ戻る


輝け未来!明日へ照らそう「まちあかり」
長岡京市商店街エコチャレンジプロジェクト

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

街灯り
夜の商店街を照らす安心安全のための街灯・・。
改造に改造を重ねて作ったLED街灯

★ 今は小さな光だけどやがて大きな光になる★
商店街を手作りLEDランプで照らそう!

■↑こんなにある街灯を全部LEDに出来たら・・・。

↑この材料で・・・、
↑こんな街灯が出来ます(実際は透明フードをかぶせます
←わいわいがやがや興味津々です。
↑トップへ戻る


Copyright (C) 長岡中央商店街振興組合 All rights reserved.